桜島からの朝日

大塚 作一 (Sakuichi Ohtsuka)


English Version

大塚作一の写真

大塚 作一

教授
工学博士


OHTSUKA, Sakuichi

Professor
Ph.D. in Engineering


Last updated: May 9, 2009.

はじめに

2007年4月に鹿児島大学に着任いたしました。3年目に入る今年は、M2の学生まで揃い、ようやく研究室としてのまとまりが出て来ました。鹿児島大学での研究はまだスタートしたばかりですが、視覚とヒューマンインタフェースに興味を持ってこれからも研究を行って行く予定です。研究内容にご興味がありましたら、是非、お立ち寄り下さい。

<研究テーマ>
  • 情報ディスプレイの研究
  • 人間の視覚および認知特性の研究
  • デジタル・アーカイブの研究
  • ヒューマンインタフェースと感性評価の研究
その他、関連情報は、以下をご参照ください。

所属・連絡先等

<所属>
  〒890-0065 鹿児島市郡元1-21-40
  鹿児島大学 大学院理工学研究科情報生体システム工学専攻
          (工学部情報生体システム工学科)

<アクセス・居室>
  工学部 情報工学科棟 5F

<連絡先>
  Tel/Fax: 099-285-8444
  E-mail:  otsuka@ibe*
  ("@ibe*"を"@ibe.kagoshima-u.ac.jp"に置き換えてください)

担当科目

<学部>
 情報生体システム工学基礎,信頼性システム工学,その他

<大学院>
 視覚情報処理工学

略歴

主な職歴は以下の通りです。
  • 1980年3月    金沢大学大学院工学研究科電子工学専攻修了.
  • 1980年4月    日本電信電話公社(現NTT)入社.画像通信,画質評価の研究に従事.
  • 1993年2月    (株)ATR人間情報通信研究所へ出向.視覚の研究に従事.
  • 1996年3月    NTT研究所へ復帰.画像処理システムの研究開発に従事.
  • 2001年7月    (株)NTTデータへ転籍.コンテンツ管理,検索技術の研究開発に従事.
  • 2007年4月    鹿児島大学工学部に着任.現在に至る.

研究業績

主な論文・国際会議発表は以下の通りです。

  1. 高橋, 田中, 鈴木, 塩, 大塚:“LDM法におけるパラメータ設定法の理論的解析と最適化 - ナンバープレート認識を対象として -”, 信学論 D-II, Vol. J89-D-II, No. 3, pp.469-481 (Mar. 2006).
  2. 数藤,嶌田,飯田,高橋,大塚:“足圧中心の時間的な移動と空間的な移動軌跡に基づく歩行の良さの定量評価”, 信学論 D-II, Vol. J87-D-II, No. 10, pp. 1951-1962 (Oct. 2004).
  3. S. Suyama, S. Ohtsuka, H. Takada, K. Uehira, S. Sakai: “Apparent 3-D image perceived from luminance-modulated two 2-D images displayed at different depths”, Vision Research, Vol.44, No.8, pp.785-793 (April 2004).
  4. S. Ohtsuka, H. Ono: “Correct 3-D but illusory 2-D percepts linked to binocularly unpaired regions”, Proc. of SPIE, Vol. 4864, pp. 167-174 (Aug. 2002).
  5. 石榑, 大塚, 金次, 吉田, 臼井:“ステレオ表示における奥行き知覚とその防止方法”, テレビ誌, Vol. 50, No. 9, pp. 1256-1267 (Sept. 1996).
  6. S. Ohtsuka, M. Kosugi: “Quality evaluation of locally impaired pictures”, Proc. of the SID, Vol. 32/1, pp. 19-24 (1991).
  7. S. Ohtsuka, M. Inoue, K. Watanabe: “Quality evaluation of pictures with multiple impairments based on visually weighted errors”, Proc. of the SID, vol. 30, No. 1, pp. 3-8 (1989).

受賞


<外部団体からの表彰>

学会活動等


<所属学会>
電子情報通信学会,映像情報メディア学会,画像電子学会,日本視覚学会,SID (Society for Information Display)

<委員等>
  • SIDプログラム委員(Applied vision / Human factor 部門)(2001年 -)
  • IDW (International Display Workshops) プログラム委員(1994年 -)
  • 画像電子学会企画理事(2002年 - 2003年)
  • 映像情報メディア学会メディア工学研究委員会副委員長(2002年)
  • 映像情報メディア学会画像情報システム研究委員会主査(1999年 - 2001年)
  • SIDアジア地区プログラム委員(1997 - 2000年)

その他


<趣味など>
 学生時代からの「鉄道ファン」で、写真や録音といったものに凝っています。下手の横好きのレベルですが、自分では最優先の楽しみです。ただし、鹿児島に着任してまだ趣味の時間をほとんど取ることが出来ないのが残念です。

Photo of C57180

(クリックして画像だけを表示すると高精細でご覧いただけます)

<楽しみたいこと>
 鹿児島に来たからには、各地の観光と芋焼酎をいろいろと嗜んでみたいと思います。

> ページの先頭に戻る