研究概要

TOP > 研究概要 > パタン認識・知能システム研究室

パタン認識・知能システム研究室

朱 碧蘭准教授のホームページへ

研究室名
パタン認識・知能システム研究室
教員名
朱 碧蘭(しゅ へきらん)
教員研究室(内線)
情報システム工学科棟4階 (7781)

研究紹介1

研究紹介2

研究紹介3

研究内容

現在,タブレットPCや電子黒板のような従来のペン入力デバイスに加えて,タッチ入力のスマートフォンやPad型PCの爆発的普及に伴い,オンライン手書き文字認識技術は,従来以上に重要性を示しています. パタン認識,機械学習,確率モデル,統計的な多変量解析などの技術を活かして,オンライン手書き文字認識に着手しています. 人工知能や,機械学習,ビッグデータ処理とパタン認識技術の発展により,知能的なシステムは注目を集めています.知能的なシステムでは,知能的な音声対話機能が必要です. 話者音声認識,会議音声データの解析,知能的な会話システムに関する研究を深めていく計画であり,それらの技術を統合することにより,人と自然に会話できる対話ロボットシステムの実現をめざしています.

卒論の具体的なテーマ

  • オンライン手書き認識の多言語化
  • 話者音声認識
  • 会議音声データの解析
  • 知能的な会話システム
  • 来てほしい学生&学生に一言

    人工知能,機械学習,ビッグデータ処理とパタン認識技術に興味のある学生を歓迎します. 学生の自主性を育てるためには,全てを教えるのではなく,適切な問題・課題を設定し,学生たちは自ら解決方法を考案・設計し, それらを適用してみることにより達成の喜びを味わうとともに,自ら課題解決する経験と自信を持たせたいと思います. 課題の背景,解決方針の決定,システムの設計,実現手段や方法,プログラミングなどに関して,いつでも相談に乗れる雰囲気を作りたいと思います. 留学生も大歓迎です.